コスプレイヤーの好きなことを好きなだけ

いちコスプレイヤーの頭の中

源氏兄弟併せしてきました

どうも!好きなことを好きなだけやっているコスプレイヤー、綴喜明日香です!

 

本日は刀剣乱舞の源氏兄弟併せをしてきました!髭切と膝丸!私は膝丸の方!

f:id:asukatuduki:20180818165917j:image

ギリギリまでカメラマンさんが見つからず、「撮りあいかなー」なんて言っていたら、本当にギリギリになって素晴らしい神に巡り会えまして、無事撮影していただけました(*’ω’*)

 

本日のスタジオはスタジオLienさん。

白ホリ、黒ホリ、ダイニング、和室のある、小さめのスタジオです。

 

まずは和室からスタート。二人とも初出しのキャラクターなので、キャラクターをつかみつつ撮影。兄者のリードが完璧でした…ありがたや…。

カメラマンさんもしっかり世界観を汲み取ってくださって、いい雰囲気の場面を見事に捉えてくれました。素晴らしい……。

f:id:asukatuduki:20180818165944j:image

 

基本は黒ホリ予定だったので、スペース予定を入れていた時刻に移動!

ピン、ツーショット、そしてまさかの犬用の轡を利用して撮影してきました…性癖…こじらせた感じに綺麗に撮れてますよ…出すのが楽しみうへへへへへへ…。

 

兄者は終始兄者でいてくれて、「弟丸〜」と呼んでくれるのがとっても嬉しかったです!「膝丸だ兄者!」と答えるのがまた楽しいwwwやっぱりコスプレいいなぁ〜。

 

ウィッグセットが甘かったようで途中でほつれてしまったこともありましたが、まあ次回調整します。

基本的に今日はしっかり撮ってもらえたし、満足間もたっぷりだしで最高でした!もう1度今日をやりたい…。

 

明日はサンリオに行ってきます!

色々楽しみだ〜〜!!

キャパオーバー起こすと病気なんだと思い出す

どうも!適応障害故に退職しました、綴喜明日香です。

 

ここ最近の私の体調や経過について、経過報告兼ねてお話したいと思います。

 

現在服用中のお薬はトータルで5種類。

朝と夜に常に飲むものと、調子が悪いタイミングで飲む頓服薬が処方されています。

頓服薬はめったに使いませんが、「頭が重いな〜」「ちょっとフラフラするな〜」といったときに飲みます。薬の効果が少し強いので、副作用としてふらっとしたりすることもありますが、基本的には少し休めば大丈夫です。

 

調子が悪い日は、朝の段階でだいたい分かります。

朝起きた時に頭がやたらと重かったり、眠気がなかなか抜けなかったり、身体の動きが鈍かったりすると、薬を飲んでもなにかしらそういった症状が続きます。あまりにハードになってくると頓服薬でバランスを取っていきます。

出かけて遊んだりする分にはあまり支障はありませんが、電車でちょっとしんどかったり、立ちっぱなしで待機している状態だとふらっとしたりなんてことがあります。

 

朝の段階で問題がなくても、自分のキャパシティを超えると似たような症状が出てきます。

 

例えば、お店を延々とはしごし続けたり、あまりに長時間遊びすぎたり…または、LINEの返事、メールの手配、書類の確認など、やらなければならないことが積み重なったり…そういった場合です。これがキャパオーバーですね。

 

そういった時には薬を飲んで一度落ち着かないことにはどうにもならないので、ふとみなさんの目の前で薬を飲んだりすることがあるかもしれません。

薬を飲めば大抵は良くなりますので、過度に心配しなくても大丈夫です。

ただ、「キツい」と言った時だけなんとなく配慮してもらえると有難いです。

 

抱え込み型の私ですが、なるべく言っていこうと思っておりますので…。

 

現状を簡単に語ってきましたが、特別な心配は必要ありません。自分からいざと言う時はSOSを出していきたいと思いますので、ご迷惑をお掛けしますが、ご協力いただけると幸いです。

 

また、「もしかして私もそんな病気なのかな…?」とこれを読んで思った方は病院行ってください!!

「もしかしたらストレスやばすぎて近いうちにこうなるかも…」って方!何かしら逃げる方法を探してください!!

 

正直周りの人にも気を使わせますし、なにより自分が面倒くさい!!こうならないことがベストです!

 

みなさんが健康に、楽しく毎日を送れますように……。

こっそり三日月宗近出してきました

どうも!好きなことを好きなだけやっているコスプレイヤー、綴喜明日香です。

本日はなんと、舞台刀剣乱舞に引きずられてうっかり買ってしまった三日月宗近を出してきました!

 

f:id:asukatuduki:20180816195954j:image

自撮り盛ろうと頑張りまくった私w

 

ウィッグもメイクもまだまだ改良が必要ですが、精一杯やってきました!!

次回出す時は山姥切国広とセットかな?と思っています。

あのステージの世界観の三日月宗近に近づきたい…輪廻の中を巡るがゆえの絶望を表現したい……!!!

それには山姥切国広いてこそだと思っています。

 

今回は個人撮影で、『文豪ストレイドッグス』の芥川龍之介さんとセットでした!

人が撮られてるのをみたりサポートするのも実に楽しいww

機動力の低いおじいちゃんですが、スモークマシンをもってドベドベ走ってお手伝いしましたよ!あまりに走り方が「ドベドベ」ってかんじだったので、あとから大笑いされましたwww必死だったのに!!wwwwww

 

また次も!

 

刀剣乱舞、はじめよう。

ポートレート苦手な私だったけどとっても素敵に撮ってもらえた…!

どうも!好きなことを好きなだけやっているコスプレイヤー、綴喜明日香です!

 

散々コスプレしていてありがたいことに今までたくさんの方に撮影していただいているんですが、いかんせんどうしても素の私を撮ってもらうことに慣れない…。そのため、あんまりポートレート撮影を得意としていなかったんです。

 

しかし、7月に縁あって撮影していただける機会に恵まれました!

その時のブログがこちら。

asukatuduki.hatenablog.com

 

普段関東にいらっしゃらない方なので、是非この機会に…!と飛びつきましたww

その方の作品を見ていただきたいと記事を書きました!

 

夏の空気を感じてください。

 

Photo by インディさん

 

 

木陰

f:id:asukatuduki:20180815222929j:plain

 

f:id:asukatuduki:20180815223528j:plain

 

f:id:asukatuduki:20180815223751j:plain

 

たちいりきんし

f:id:asukatuduki:20180815224129j:plain

 

きつねつき

f:id:asukatuduki:20180815224503j:plain

 

f:id:asukatuduki:20180815224700j:plain

 

街に溶ける

f:id:asukatuduki:20180815224841j:plain

 

f:id:asukatuduki:20180815224950j:plain

 

ひとりぼっち

f:id:asukatuduki:20180815225232j:plain

 

f:id:asukatuduki:20180815225427j:plain

 

f:id:asukatuduki:20180815225543j:plain

 

最後に

ひとしきりお付き合いありがとうございました。

一枚一枚世界観たっぷりに切り取ってもらいました。

また機会があればぜひチャレンジさせていただきたいと思います!髪もショートになったことだし!

 

 

コスプレに関する質問や疑問がございましたら、この記事のコメントかTwitterにリプライをいただけましたら、可能な限りお答えいたします。

twitter.com

 

↓よろしければ読者登録していただけると泣いて喜びます!

 

お台場『チームラボボーダレス』に遊びに行ったら想像以上のインスタばえ空間だった

どうも!好きなことを好きなだけやっているコスプレイヤー、綴喜明日香です!

 

本日はお台場の『チームラボボーダレス』に友人と遊びに行ってきたんですが…まさにこれぞインスタばえ!って感じの空間でした…!

 

『チームラボボーダレス』公式サイト

https://borderless.teamlab.art/jp/

 

場所は関東のコスプレイヤーなら誰もが知っているであろう、元レジャーランドだった場所です…。゚(゚^ω^゚)゚。

全く別の空間になってしまった…!!

 

青梅駅、もしくは東京テレポート駅からすぐ、ヴィーナスフォートの隣にあります。

 

中に入ると真っ暗な空間…。その先に待つのは光のアートと知りながら、ちょっとお化け屋敷みたいで怖いwww

しかし、カーテンを抜けると光の芸術空間でした!


f:id:asukatuduki:20180814185736j:image

 

真ん中にいるのが私です!

光の花々に囲まれて、なんとも幻想的…

 

f:id:asukatuduki:20180814185825j:image

 

四方八方がこういった投影か、鏡張りになっているので、本当に不思議な空間でした…。

 

様々なブースに分かれていて、この光の花畑以外にも、竹林の投影、光の花々で出来た動物たちの行進、鳥獣戯画のような和風のイラストの行進などが壁に投影されていたり、滝のような空間、蓮の葉がつらなったような空間、ラプンツェルの映画の中のようなランタンが散りばめられた空間など、もう圧巻でした。

 

f:id:asukatuduki:20180814190433j:image

 

f:id:asukatuduki:20180814190536j:image

 

2階に登ると、アトラクションゾーンのようになっていて、童心に返って光の滑り台を滑ったり、バルーンの中を歩いたり。

 

f:id:asukatuduki:20180814190737j:image

はしゃぐ友人。

 

色を塗った魚がスキャンで取り込まれ、壁を泳ぎ出した時は感動しました。うちの子!といった気持ちw

 

f:id:asukatuduki:20180814190842j:image


f:id:asukatuduki:20180814190846j:image

 

他にも光のトランポリンや、ゲームの世界のような場所もありました。退屈しない…!

 

結局トータルで3時間半ほどさ迷っていましたw中はそんなに広くないはずなのに、なんだこの満足感!

とにかくどこを撮っても映えます!美しい…!

 

今の時期はお盆で混んでいるかもしれませんので、タイミングをズラして行ってみることをおすすめします。

 

ぜひこの感動を体験してきてください…!!

 

以上、盛大なダイマでした!

コスプレイヤーとして、過度な露出系レイヤーとローアングラーにはコミケから出ていってほしい

どうも!好きなことを好きなだけ、もっぱら男装メインで活動している綴喜明日香です。

 

夏と言えば!私たちオタクにとっては海より、山より、コミックマーケット通称コミケ!炎天下の国際展示場に何万人ものオタクがわんさと集まる一大イベントです。

趣味で同人誌を頒布するサークルさんも多いですが、アニメ、漫画の公式大手企業なんかも登場する、まさに超巨大な文化祭!そこには私たちコスプレイヤーも多く参加します。

 

そこで毎年恒例の問題が「過度な露出系レイヤー」とそれに付随するローアングラーです。

 

今回はコミックマーケット自体の説明も交えながら、いちコスプレイヤーとして、この2つの問題に言及してみようと思います。

 

 

そもそもコミックマーケットってなんなの?

私自身は日本最大級の文化祭だと考えています。

数々の表現が許される場です。メインは同人誌の頒布と見てもいいでしょう。

同人誌とは、一般人が出版社や企業とは関係なく、個人的に制作する頒布冊子を指します。多くはアニメや漫画のキャラクターや設定を借りた二次創作作品ですが、「ひたすら自分で研究した納豆のおいしい食べ方レシピを載せた本」や、「スカイツリーの構造を自分なりに研究してみた本」、「飼い猫の写真集」など、そこをつくか~!というような面白発想本なんかもあったりします。

他にも同人グッズ、企業の公式ブースでの商品販売、食べ物の屋台、コスプレスペースなどもある、本当にお祭りのような場所です。

規模は実に大きく、国際展示場ホールをすべて使っての開催の上、3日間ものあいだ行われます。

開催日程は夏と冬の2回。お盆と年末という、社会人が休みを取りやすい時期です(ありがたい)。

コンセプトとしてはあくまでも多種多様な表現の場であり、非営利とされています。そのため、同人誌や同人グッズは「販売」ではなく「頒布」されているものと表現されます。スタッフはみなボランティアであり、同人誌を制作するサークル側も、頒布物を求めてやってくる人たちもみな「一般参加者」というくくりになり、「店員と客」の関係にはならないところがポイントです。

 

コミックマーケットにおけるコスプレ

あくまでも「同人的表現の一方法」です。素人がオリジナル、もしくは好きな作品のコスプレをして披露すること。それもコミックマーケットが提唱する「表現」の一つです。

コミックマーケット側ではとくに厳しい規定は設けておらず、警察のお世話になってしまうようなものは規制しているものの、基本的には表現方法は自由です。

そのため、クオリティの高いコスプレや、ネタコスと呼ばれる面白いコスプレまで、様々なコスプレイヤーが集まります。私が見た中で一番面白かったのは、わざわざ壁まで手作りして持参していた「謝罪会見の様子コスプレ」でしょうか。見事な直角でお辞儀してました。思わず拍手。

 

さて、そろそろ本題です。

 

過度な露出系コスプレイヤーについて

露出系コスプレイヤーとは?

読んで字のごとく。露出の激しい恰好のコスプレイヤーのことをよく露出系と呼びます。

 

アニメや漫画の女子キャラクターできわどい恰好をしている子を皆さんも見たことがあると思います。胸元ががっつり開いた巨乳キャラ、下着が見えてしまうくらい短いスカートのアイドルキャラなどなど…。

基本的にコスプレイヤーは好きなキャラクターのコスプレをします。それは個人の自由ですし、コミックマーケットが推奨するところです。そこで、露出が多いキャラクターのコスプレをしたいコスプレイヤーは、ほとんどの人が露出対策というものをします。

例えば、スカートの下に短いズボンを履く、胸は偽物でボディスーツのようにする…などなど。下手に見せれば公然わいせつ罪ですから、みなさんそこは慎重になります。

 

しかし、まったくそういった対策をしないコスプレイヤーもいます。

 

下着は見せ放題。胸元を大きく開ける。際どいポーズをわざととる…。

 

それが私が今回言及したい露出系レイヤーです。

 

 

なぜ彼女たちは露出に走るのか

簡単です。

多くの人の注目を浴びたいからです。

 

承認欲求カンストか~!強いな~!と思います。自分の身体を売り物にして注目を浴びたいわけです。「ちょっと待って、露出狂とどこが違うの?」と思ったあなた。ぶっちゃけ変わらないと思ってもらって大丈夫です。

 

今年タイムラインを見ている限りで話題になったのは、スクール水着の未成年の子でした。「未成年ってちょ、え、待って色々待って…?」となった私はきっと正常。SAN値はピンチ。

 

コミックマーケットには、いわゆる『人気レイヤー』と呼ばれる人達がいます。ずば抜けて美人だったり、衣装のクオリティがびっくりするほど高かったり。そういった人達は、撮りたいカメラマンさんが多すぎるがために、「はい皆さん並んで順番に撮ってください〜」じゃ追いつかないので、『囲み』と言って、ぐるっとコスプレイヤーさんを囲んで撮影する手法が取られます。

 

露出系レイヤーも『囲み』で撮られる場合が多いです。

ほとんど裸のような格好をした女の子を、大きなカメラを抱えた男達がぐるっと囲み、レンズで狙っているのです。

正直、異様です。

 

しかし、おそらく彼女達の中では『囲み』=人気レイヤーという図式が出来上がっているのでしょう。非常に満足そうです。いやあなたが満足ならいいんですけども。同性としてはいたたまれないというか、あちゃー…って感じです。ネットの反応を見る限り、大半のまともな皆さんは私と同じ感覚らしく、ちょっとほっとします。コスプレのクオリティで勝負すればいいのに…あらあらお尻出してみっともないわ…というおばちゃんのような感想…。

 

さて。もうひとつの問題にも言及しましょう。

 

 

ローアングラーについて

ローアングラーとは?

ローアングル、つまり、下からの煽りのアングルで写真を撮るカメラ小僧、通称カメコのことを言います。

何故ローアングルで撮るのか。それは、煽りの方がより性的な部分を撮れるから。スカートの中、水着の股間部分などなどなどなど。

 

きちんと露出対策をしているコスプレイヤーさんだって、スカートの下を狙われたりしたらもちろん不快ですよね!基本的にローアングラーは嫌われますし、人によっては「ローアングラーお断り!」と明言しています。

 

しかし、たまにコスプレイヤー側が「やめてください!」と言っているのにローアングルで撮りまくるカメコもいます。できれば男性の皆さん、見つけたら「おい!」の一言だけでもいいので注意してください。女性だと下に見られてどうしようもなかったりするので…。

 

ちなみに、「足長効果を狙ってローアングルで撮る」カメコもいます。そういった人たちは基本的に被写体に同意を得ているはずなので、今回は問題にしていません。

 

 

ローアングラーには『業者』も潜む

ここで言う『業者』とは、コスプレイヤー下着や胸元などをピンポイントで撮り、販売するような人たちです。

 

「人気者になりたいから」と過度な露出で外に出てこの連中に捕まったらもう悲惨です。一生自分の黒歴史がネット上に流布し、時には売買されます。見ず知らずの人間の手にわたっていくのです。

 

露出系レイヤーのみなさん、そこのところ覚悟していますか?

 

 

露出系レイヤーにはローアングラーが付き物?

今まで見る限り、露出系レイヤーには多くのローアングラーが群がります。まるでありの大軍のように…。

もはやレンズが身体に接触しているんじゃないか?というレベルの至近距離から局部を撮ったり胸元を撮ったり。恐ろしい様子です。

 

一方、大手の人気レイヤーさんですと、きちんと一定の距離感を保ち、撮影を進めていきます。コスプレイヤーさんが疲れるタイミングで休憩を入れますし、ローアングラーが現れれば周りが注意をします。

 

この違い。なんなんでしょう。

 

前者はおそらく、『性的消費が出来ればいい』人達が群がっていて、後者は『作品としてのコスプレを撮りたい』人達が集まっているんだと思います。

 

 

コスプレイヤーとして私が言いたいこと

コスプレの楽しみ方は人それぞれです。それこそ、脱いででも有名になりたい人だっていることでしょう。どうぞどうぞいくらでも裸になってください。

 

しかし、コミックマーケットは公共の場です。

そこで脱ぐことは公然わいせつ罪です。

 

そしてそれに群がるローアングラー

 

オタクの風上にもおけないな???そもそもオタクじゃないな?????

 

そういう撮影がしたいなら頼むから私たちのコミックマーケットから出ていってください。

表現の自由を狭めるような行為はやめてください。

 

屋外です。

何万人もの人がいます。

子供たちだって見ています。

 

大人としてもっと考えて行動してください。あなたがたはお客さんではありません。

大袈裟かも知れませんが、下手をすればコミックマーケットの存亡にも関わってきます。

私たちのコミックマーケットを壊さないでください。

 

また、『コスプレ』という文化を汚さないでください。

 

大人しく書いてきましたが、毎度のことだと諦めつつ、私はキレています。

 

コスプレという素晴らしい文化を、趣味を、汚さないでください。私はこの趣味を心から愛しています。

全ての人に受け入れられたいとは思いません。せめて変な目で見られないような、そんな世界に、文化にしていきたい、いちコスプレイヤーからのお願いです。

 

長々と思いの丈を綴って参りました。

これからも私は、コスプレイヤーとして、好きなことを好きなだけやっていきます。

しかし、コスプレという文化、趣味を汚すこと無く、もっと幅広く素敵なものにすべく、活動していきたいと思います。

 

 

コスプレに関する質問や疑問がございましたら、この記事のコメントかTwitterにリプライをいただけましたら、可能な限りお答えいたします。

twitter.com

 

↓よろしければ読者登録していただけると泣いて喜びます!

 

お盆と帰省とお迎えと祖父母との思い出

どうも!帰省しておりました、綴喜明日香です!

 

昨日今日と二日間、平成最後の夏コミに行かずに田舎に帰省を決め込みました。

泊まったのは父の実家。既に祖父母ともに他界しており、がらんどうな家です。

祖父が他界した後、祖母が一人で暮らしていましたが、そんな祖母も一昨年他界。祖母を導くかのように、飼い猫2匹も祖母が亡くなる2日ほど前に続けざまに事故と老衰で亡くなりました。

 

私にとっては思い出のたくさん詰まった家です。

正月に親戚一同が集まって飲んだお屠蘇。

昼まで寝こける従姉妹を起こしに行った2階の部屋。

弟と探検して回ったサツキとメイの家のような古い2階。

夏休みに帰省しては「いっぱい食って大きくなれよ」と言っていた祖父の笑顔。

「お前は本当に猫が好きだなぁ」と笑いながら、私の絵を褒めてくれた祖母の優しい声。

全部が家中に染み込んでいるようで、誰もいないのに、だれも暮らしていないのに、ふと声が聞こえるような、姿が見えるような、そんな不思議な感覚があるんです。

 

昨日の夢枕に、祖父母が出てきました。

小さくなった私をしわくちゃの手でなでて、「よく頑張ってるなぁ」と笑ってくれました。

泣きながら起きて、雨の音を聞いていました。

不甲斐ない孫でごめんなさい。でもきっと、じじとばばなら優しく受け止めてくれるって私知ってるから。

久々に会えた気がして、涙が止まりませんでした。

 

夕方、一日早いですが、お墓までご先祖さまをお迎えに行きました。

提灯に火を灯して、家までゆっくりと父と帰りました。

 

おかえり、とお線香を炊いて、今年もゆっくり過ごしてね、と手を合わせて。

きっとそばにいてくれていると思いつつ、また会いたくて涙が出ました。

 

色々とあって一度は絶とうかとふと思ったこの命ですが、今はうんと長生きして、祖父母に自慢できるくらいの素晴らしい人生を生き抜いて、上に会いに行きたいなとはっきり思えるようになりました。

祖父母に恥じないように。私は私の人生を、好きなことを好きなだけ、楽しく生き抜きます。

 

これを読む皆さんと一緒に、そんな人生を作っていけたらいいなぁと思っています。