コスプレイヤーの好きなことを好きなだけ

いちコスプレイヤーの頭の中

【映画】『青鬼 Ver.2.0』が前作とだいぶストーリーが変わってた

どうも!好きなことを好きなだけやっているコスプレイヤー、綴喜明日香です!

今回は一度レビューを書きました『青鬼』の続編、『青鬼 Ver.2.0』を視聴した感想とレビューを書いてみます。

 

ちなみに、前作のレビューはこちら。

asukatuduki.hatenablog.com

 

 

 

はじめに

レビューとして点数化してみたいと思います。

評価基準は下記とします。

  • おもしろさ
  • 難しさ
  • おすすめ度
  • 推奨環境
  • 推奨視聴人数

最初の3点は星5つで評価します。星3つの場合は★★★☆☆と記載します。

あとの2点は文字で簡単に書きます。

 

 

あらすじ

高校のクラスのボスであり、いじめっ子の拓郎は、彼女のミカ、子分のタケシと一緒に「ジェイルハウス」といういわく付きの家に忍び込もうと画策します。

たまたま居合わせた同級生のひろしも迷い込み、計4人がその家へと入っていくのですが、そこはいじめられっ子シュンが作り出したゲームの世界とリンクしていました。学校へ来ないシュンを心配し、シュンの家へとやってきた杏奈は、シュンとともにひろしたちがゲームに巻き込まれたことに気がつくのですが…。

 

 

評価

  • おもしろさ :★★★☆☆
  • 難しさ   :★★★☆☆
  • おすすめ度 :★☆☆☆☆
  • 推奨環境  :レンタル
  • 推奨視聴人数:1〜3人

ホラー要素もスプラッタ要素もそれほど強くありません。

どちらかというとアドベンチャーと言った感じで見れると思います。

 

 

全体の感想

前作よりも登場人物の関係や心情が掘り下げられていて、拓郎やミカ、タケシといったメンバーもおまけではなく、一個の人間として完成していたので、物語に入りやすかったです。

ゲームとリンクするシーンがあるおかげでゲームを元々プレイしていたユーザーには親しみ深く感じられました。

ストーリー展開はサクサクッとした感覚で短いので、さっと見れて上手く起承転結出来ているなといった感じです。

 

 

細かな感想(ネタバレ注意)

ひろしの存在感

はじめの登場シーンから、「あれ?イケメン…」となるくらいイケメンです。しかし、前作と同様ロジカルシンキングです。とっても好きです。そういうキャラ。推したくなります。

どこか謎の多い不思議ちゃんなところがなんとも憎めず、なんとなく応援していました。

 

拓郎の感情

最初はただただ残酷ないじめっ子といった体で出てきた拓郎ですが、タケシに一喝されてから人間味が出てきて、親しみやすくなった部分がとてもよかったです。悪ぶれなくなったというか、本性の弱さがでてきたというか。ただ人1人いじめ殺してるという事実が薄れていくのがちょっと残念です…。

 

青鬼の種類増

身内では「ドー〇くん」と呼んでいた、直進がひたすら早い、塗り壁のような青鬼が登場して少しテンションが上がりました。ゲームとのリンク性が上がっていて、どこか原作を思い出しながらハラハラするような、そんな感じで見れました。

 

衝撃のラスト

タケシがひたすらに不憫でなりません…まさかの進撃の青鬼…??

一番ワルだったのは拓郎のはずなのに、何故か割を食って悲劇に見舞われるタケシ…あのラストはどういうことだったのでしょう…友人曰く、「3作目への伏線じゃないか?」と言うのですが…真偽の程は謎です。

 

 

いかがでしたでしょうか。

前作同様、みんなでワイワイ見る分には面白い映画かなーと思いました。特にゲームをやっていると楽しく見れるかも知れません。

短い作品ですので、気が向いたらちょこっとみてみてください!

以上!

 

 

コスプレに関する質問や疑問がございましたら、この記事のコメントかTwitterにリプライをいただけましたら、可能な限りお答えいたします。

twitter.com

 

↓よろしければ読者登録していただけると泣いて喜びます!

コスプレイヤー向け記事をまとめてみた

どうも!好きなことを好きなだけやっているコスプレイヤー、綴喜明日香です!

今回は、今までに書いたコスプレイヤー向け記事をまとめてみたいと思います。

f:id:asukatuduki:20180520214840j:plain



 

初心者向けコスプレHow To

コスプレの始め方

「コスプレを始めてみたい…でもちょっと勇気が出ないし、やり方がわからない…」

そんな初心者さん向けに作成した記事がこちらです!

asukatuduki.hatenablog.com

コスプレを始めるまでのコミュニティの形成、衣装の用意、ウィッグの用意など、基本的な流れを書いております。

 

SNS比較

「コスプレをするにあたって、どんなSNSを使えばいいの?」

そんな疑問にお答えするために書いたのがこちら。

asukatuduki.hatenablog.com

主なSNSの比較をする形で記載しておりますので、お写真を撮った後にどこに載せようかな~という場合にも検討材料になるかと思います。

 

衣装購入方法比較

「コスプレ衣装ってどうやったら手に入るの…?」

作らなくても手に入る方法をご紹介します。

asukatuduki.hatenablog.com

初心者さんに衣装一着作れなんて無理なことは言いません…!

お気軽に購入できる方法を書いてみました。

 

ウィッグメーカー比較

「ウィッグってどこで買えばいいの…?」

初心者さんだけでなく、多くのコスプレイヤーさんの参考になるよう、私自身の経験を踏まえて比較してみたのがこちら。

asukatuduki.hatenablog.com

各メーカーの長所・短所をわかりやすく記載しています。

 

カラコンメーカー比較

カラコンはどこで買えばいいの?」

そんな疑問にお答えすべく書いたのがこちら。

asukatuduki.hatenablog.com

利用した事のあるメーカーを中心に、発色や大きさなどの特徴について記載しています。

 

おすすめメイク道具

個人的に買ってよかったコスメについて記載しました。

コスプレ関係なく参考になるかと思います。

asukatuduki.hatenablog.com

 

 

メイク方法まとめ

前日のお手入れ

「いよいよ明日はコスプレ!お肌のお手入れどうしよう…」

そんな方に参考にしてもらいたい!私のお肌のお手入れ方法をお教えします!

asukatuduki.hatenablog.com

 

イケメン風男装メイク

自己流のイケメン風男装メイク工程について、写真付きで細かく解説してみました!

asukatuduki.hatenablog.com

割と多くの方にご参照いただいているようで嬉しいです。

目から鱗のようなこまごました技術が入っております。

 

かわいい風ロリメイク

滅多にやらないジャンルながら、リクエストにお応えしてみました。

asukatuduki.hatenablog.com

持てる技術のありったけを詰め込みました。ぜひともご参照ください!

 

過去コスプレ備忘録

ギャグマンガ日和閻魔大王

コスプレ写真を掲載しています。

asukatuduki.hatenablog.com

 

パタリロ!』アーサー・ヒューイット

コスプレ写真を掲載しています。

asukatuduki.hatenablog.com

 

以上!

参考になる記事が一つでもあればうれしいです!

 

 

コスプレに関する質問や疑問がございましたら、この記事のコメントかTwitterにリプライをいただけましたら、可能な限りお答えいたします。

twitter.com

 

↓よろしければ読者登録していただけると泣いて喜びます!

【漫画】『ばらかもん』で学ぶ、縛られない生き方働き方

どうも!本の虫過ぎて漫画を読むスピードがおかしい、綴喜明日香です!

 

今回は、漫画『ばらかもん』を読んで感じたこと、おすすめポイントなどなどを書いてみたいと思います。

 

 

 

はじめに

レビューとして点数化していきます。

評価基準は下記とします。

  • おもしろさ
  • 難しさ
  • おすすめ度

星5つで評価します。星3つの場合は★★★☆☆と記載します。

 

評価

  • おもしろさ:★★★★☆
  • 難しさ  :★☆☆☆☆
  • おすすめ度:★★★★☆

おっとり、のんびりとした日常を描きつつ、絶妙なテンポで進んでいくので、サクサク読めます。難しいのは方言くらいです。

 

読んでほしい人

  • なんとなく日常につかれたと思っている人
  • 新しい生き方に出会いたい人
  • 田舎暮らしに夢を持っている人
  • 将来田舎暮らしルートの人
  • 田舎が懐かしい、または恋しい人

子供より大人向けです。子供も読めるとは思いますが、人生経験を積んでいる大人だからこそ響くものが多いと思います。

 

あらすじ

主人公は23歳の書道家、半田清舟(はんだ せいしゅう)。

栄華賞の授賞式で、お偉いさんに自分の字が「手本のようでつまらない字だ」と図星を指されて気が動転し、思わずそのご老人を殴ってしまいます。

そのままスランプに陥った彼は、田舎の島で暮らしつつ、自分の作風というものを掴もうと考え引っ越してくるのですが、東京と田舎の人々、風習の違いに愕然とします。

島に住む人々との交流の中で、彼自身徐々に変わっていくのですが…。

 

見どころ

主人公の変化

初めは田舎の人々の繋がりの深さ、フレンドリーさ、不用心さにどきまぎするものの、徐々にその中に溶け込み、芸術家ならではの感覚を掴もうとする…そんな主人公の変化が手に取るようにわかり、とても感慨深いです。

 

田舎の空気感

都会で暮らしていると忘れがちな、田舎ののんびりとした空気、自由な感覚、そういったものを感じさせてくれるものがこの漫画にはあります。

既に忘れ去ってしまった子供の頃の感覚を思い出すような、ほんのり胸が温かくなるような…。そんな感覚を味わうことができます。

 

登場人物の個性

主人公をはじめ、彼を取り巻く人々は本当に個性豊かです。

小学生の天真爛漫な少女、なると、その友達ひな。彼女が姉のように慕う中学生の少女美和とタマ。よく面倒をみてくれる郷長と奥さん、その息子の高校生ヒロシ。みんなが新参者の主人公を当たり前のように受け入れ、慕ってくれます。

彼らの主人公への接し方がまるで家族のようで、また郷愁に駆られます…あれおかしいな…私実家暮らしなのに…。

 

主人公の働き方

これが実は結構なポイントだと思っています。

主人公は書道家。賞へ応募することで賞金を獲得するだけでなく、パソコン経由でお店の看板などの依頼を受け、墨と筆で字を書き、それをスキャナーで取り込んでデータとして依頼者に送ることで仕事をしています。フリーランスのデザイナーのようなものですね。

今現在私は会社員として働いていますが、そう考えると私とは全く違った、自由な働き方だな…と新鮮に感じたのです。

主人公の働き方を見ることで、脚色があるにしろ、この行き詰ったような日常から少し離れて「働くということ」を見ることができるかな…と考えています。

 

 

まとめ

漫画、『ばらかもん』は、主人公の田舎暮らしを描くことで、人の生き方についての考え方を一つ増やしてくれる貴重な漫画だと思います。

 

皆さんもぜひ、なんとなく日常につかれたなぁ…と思ったとき、手に取ってみてはいかがでしょうか。

 

 

↓普段は大抵Twitterにおります。

twitter.com

 

↓よろしければ読者登録していただけると泣いて喜びます!

自分探しに小旅行 in熱海

どうも!好きなことを好きなだけやっているコスプレイヤー、綴喜明日香です!

今回は昨日に引き続き、旅のレポートを書きたいと思います。

 

 

前回のあらすじ

「人生でやりたいこと100」リストを消化するため、電車に乗って遠くまで行くことを企んだ私。友人を誘ってみたらあっさりOK。よっしゃ江ノ島行くべ!と東京駅を出発し、江ノ島の宿に着いた…。

 

詳しくは前回の記事参照

asukatuduki.hatenablog.com

 

 

昨日の旅程

夕飯まで書いたので、その後を書いていきます!

 

20:00 入浴

お宿は岩本楼という老舗を取りました。

www.iwamotoro.co.jp

 

こちらは「ローマ風呂」と「洞窟風呂」が見どころだそうなのですが、時間で男湯と女湯が交換になります。

せっかくなら両方入りたい!ということで、とりあえずは20時からの洞窟風呂へ…。

 

写真が載せられないのがとーーっても残念なので、お時間があれば公式サイトをご覧頂きたいのですが、一言で言えば「圧巻」でした!

本当に洞窟!洞窟をくり抜いた中に湯船があるようなそんな感じ!薄暗い雰囲気がさらにいい感じで、奥の方には鳥居と弁天様が…おそらく江ノ島にある洞窟をイメージしているんでしょう。

平日ということもあり、ほぼ貸切で満喫することが出来ました。

 

21:00 就寝

めちゃくちゃ健康的なのですが、友人が仕事上がりということもあり、お風呂に入ったポカポカ気持ちいい心地のまま就寝しました…。

 

 

本日の旅程

05:00 起床

あたーらしーいーあーさがきた(ノ´▽`)ノ♪

実に気持ちよく早起きしました!朝の海は綺麗だ〜!よし!朝風呂だ!

 

05:30 入浴

朝風呂はローマ風呂でした!

イタリア製の古い孔雀のステンドグラスが入口にあり、そこから入るとテルマエ・ロマエwww

ローマ人の顔の彫刻があり、ローマ風の壺がある、半円形の湯船がありました。壁と床は細かいタイル張り。

ちょっと狭めでしたが、気持ちよく入ることが出来ました!朝風呂最高だ〜!

 

06:00 散策

「朝の海ってなんかいいよね!」

そんな適当な感覚で外に出ましたw

昨日の夕方は人でいっぱいだったのに、さすがにこの時間はお店も開いてないし、ガラガラ状態で、なんだか別世界に来たみたい。

f:id:asukatuduki:20180518210803j:plain

f:id:asukatuduki:20180518210127j:plain

1度神社の方へ上がってお参りすることに。

途中で猫様に遭遇。

f:id:asukatuduki:20180518210251j:plain

けっこう懐っこい子で、さわさわさせてくれました。可愛い…。

 

神社にお参りして周辺をうろうろ。「なんかいいよね!」と言いながら。なにがどういいのかはフィーリングで。

f:id:asukatuduki:20180518210426j:plain

f:id:asukatuduki:20180518210521j:plain

その後は海の方へ戻り、橋の上から海を眺めてみたり、ちょっと島の周りを歩いてみたり。朝ごはん食べたらどこ行く〜?なんてことを話しながら、ゆったり歩き回りました。

f:id:asukatuduki:20180518210853j:plain

 

07:30 朝食

ロビーで朝食。純和食で、お魚、お味噌汁、小鉢が3つ。ご飯はおかわり自由。お腹いっぱいになりました。久々にこんなにしっかりした朝ごはん食べたなぁ。

 

08:00 スケッチ

旅行に行く前に友人から提示されたやりたいことの1つがスケッチでした。

スケッチブックと水彩色鉛筆を持って行って、朝の海を描く。映画のワンシーンみたい。

本当は海辺で描きたかったんですが、想像以上に暑かったのと、部屋からの眺めが良かったので、窓の外を眺めながらのスケッチになりました。

友人が朝のプレイリストのようなBGMを流してくれたので、とっても優雅な気持ちで楽しくかけました。

f:id:asukatuduki:20180518212257j:image

出来たのがこちら。

夏休みの宿題っぽくて味があるでしょうww

 

09:40 チェックアウト

「たこせん食べたい!」という友人の兼ねてからのリクエストで、再び参道へ繰り出しました。

10時近くなるとやっぱり人が増えてる!

大きなたこせんを二人で半分こして、もぐもぐしながら参道を物色し、朝見つけたカフェへ行ってみることに。

しかしカフェはまだ開店前だった…。

そこで、私のやりたいことリストに再び戻り、「知らない電車で延々遠くまで行く」を叶えよう!という話に。

二人で湘南モノレールに乗ってみよう!と思い立ったはいいんですが、湘南モノレールの終点ってここ江ノ島なんですよねw

とりあえず、反対側の終点、大船まで行ってみることに。

 

11:30 湘南モノレール乗車

レールが車体の上にあるのって、千葉都市モノレールだけじゃなかったんですねww

左右に行くだけじゃなくて結構上下するので、先頭車両に乗っているとちょっとしたアトラクション気分でした。

 

そしてそのままなんとなーく、熱海行に乗車。熱海行くか~(完全にノリ)

 

12:30 熱海着

熱海に着きました。あっさり静岡来ちゃったよ…。

お昼になるので、ちょっと腹ごしらえを…と思い、古民家カフェへフラフラっと。

f:id:asukatuduki:20180518212428j:image

お洒落なカフェラテとガトーショコラをいただきました。手作り感がとっても素敵で、居心地が良かったです!

その場で、「やっぱり熱海と言えば温泉だよね!」となりまして、徒歩圏内の日帰り温泉を検索!

大江戸温泉が近いらしいぞ?となり、そちらへ行ってみることに。

f:id:asukatuduki:20180518212857j:plain

迷子になりましたwww

かなり迷走。海の方に来てしまった~。しかしなんか熱海!って感じがするぞ!?なんてのんきなことを言いながら、グーグルマップ先生に道案内をお願いしつつ大江戸温泉を探しました…。

 

13:30 大江戸温泉着

やっと着きました…。お台場の大江戸温泉物語に比べると、普通の旅館といった感じ。

中に出店もなく、券売機で当日入浴券を購入し、フロントに提示するだけというシステム。純粋にお風呂のみを楽しむ感じですね。

浴室内は快適で、岩風呂や露天風呂がありました。露天風呂はなんとオーシャンビュー!なんて贅沢で最高な休日の楽しみ方なんだ!と二人で感動しながら満喫しました…。

お風呂から上がってからは身体を冷ますために休憩。漫画コーナーで『PEACE MAKER』と『ハチミツとクローバー』を試し読みしました。

ハチミツとクローバーの方はちょっと興味深かったので、続刊買っちゃおうかとちょっと思ったり…。

 

15:30 おやつタイム

お昼食べてませんがww

商店街の方に戻り、和菓子中心のお店を発見。あんみつなどの甘味に惹かれて、二人でフラフラ入ってみると、お抹茶も楽しめる結構本格的なお店でした。

f:id:asukatuduki:20180518215507j:image

あんこの甘みが身に沁みる…。

その後はおみやげに温泉饅頭を購入し、のんびり電車で帰ることに。

 

 

旅の感想

なんといっても大満足でした!!

気兼ねしなくていい友人と、ノープランで自由気ままな旅。二人のテンポも似通っていて、一気に高校の修学旅行のような気持ちに。

今回は旅の内容も素晴らしかったですが、何よりも二人で過ごした時間や、会話の内容が素晴らしかったです。

お互いの近況を報告したり、実はこんなことを考えていた…といった赤裸々な話をしたり、はたまた今後の人生プランについてじっくり考えてみたり。本当に親にも話せないような内容、感覚を共有しました。そんなことできる友達なんてめったにできないぞ??なんてすばらしい友人を持ったんだ私は…!

人生でやりたいことリストに追加したい内容が彼女との会話内でまた増えたので、ちょこちょこ足したいと思います。

 

自分探しは大成功。友人の視点を交えながら、自分の中のやりたいこと、進んでいきたい方向、また活かしていける部分が見えてきました。

この旅の中で感じたドキドキ、ワクワクした気持ちをずーーっと大切にしながら、未来へ繋げていきたいと思います。また明日から頑張るぞ!!

 

 

↓普段は大抵Twitterにおります。

twitter.com

 

↓よろしければ読者登録していただけると泣いて喜びます!

自分探しに小旅行 in江の島

どうも!好きなことを好きなだけやりたいコスプレイヤー、綴喜明日香です!

本日は江の島からこちらの記事を書いています。

旅行記ということで、サクサクっといろいろご紹介したいと思います。

 

きっかけ

もともとは先日書いた、「やりたいことリスト100」がきっかけです。

asukatuduki.hatenablog.com

この中の、「知らない電車で延々遠くまで行く」。

本当に知らない遠くまでとはいきませんが、小旅行という意味で丁度いいのではないかと考えていたところ、友人が誘いに乗ってくれたので、夢を叶えにちょっくら女二人旅行へ繰り出しました!

 

本日の旅程

15:30 東京駅出発

友人と銀の鈴で待ち合わせ。

集合してから電車に揺られ、藤沢に到着。

 

高校時代からの友人で、当時は常に隣にいたため、長らくあってなかったのになんだか昨日ぶりのような不思議な感覚…。今の話だけではなく、昔の話に花が咲きました。

 

16:30 江ノ電

f:id:asukatuduki:20180517193327j:plain

藤沢駅江ノ電に乗り、江の島へ向かいます。

レトロな車体がなんともかわいい…旅行に来た感じがたまりません…。

 

f:id:asukatuduki:20180517193845j:plain

駅員さんの背中がかっこいい…。

 

駅を出れば早速江の島の観光地らしいお店が並ぶ通り。島に向かってずらっと並んでいました。

二人であちらこちら目移りしながら、みそもちなるものを購入。食べ歩きながら桟橋の方へ…。

 

f:id:asukatuduki:20180517194112j:plain

 

f:id:asukatuduki:20180517194146j:plain

日暮れを迎えようという海を、磯の風を感じながらのんびり眺める。

なんという贅沢…。ゆったりした流れを感じながら満喫。

 

17:00 島上陸

橋を渡って島へ上陸。本日のお宿を探すことに。

f:id:asukatuduki:20180517194409j:plain

ごちゃっと詰まったこの感じがなんとも独特の風情があって、暮れなずむ雰囲気と相まって、吸い込まれそうなワクワク感がありました。

通りを少し歩いたところのお宿を予約していたので、入ってみると、係の方がチェックイン予定前にも関わらず、部屋まで案内してくださいました。

f:id:asukatuduki:20180517195050j:image

部屋からの眺めは抜群。

 

18:00 早めの夕飯

f:id:asukatuduki:20180517195106j:image

豪勢な内容で、女二人ではなかなか…!

しかしとっても美味しかったです。ほんのりとした香りづけがなんとも上品でした。

 

ゆっくり夕飯をとったので、この後は入浴、早めの就寝予定。

明日は早起きして、朝風呂と早朝散歩予定です。

 

楽しみだなぁ…!!

めいっぱい満喫します!

 

 

普段は大抵Twitterにおります。

twitter.com

 

↓よろしければ読者登録していただけると泣いて喜びます!

音でコミュニケーションをとるなら、ボイス投稿アプリnanaで!

どうも!三度の飯より歌が好き!綴喜明日香です!

 

随分と前から、ボイス投稿専門アプリ、『nana』を利用しているのですが、今回はそのご紹介を中心に書いてみたいと思います。

 

元々歌を投稿していろんな人に聞いてもらいたい気持ちはあったのですが、Twitterに投稿したりYouTubeに投稿するには動画が必須なイメージがあるし、一個一個に時間かけすぎちゃう…。もっとサクサクっと投稿できるのないかなぁ…。

 

と思った結果出会ったのがこのアプリでした!!

 

nana-music.com


 

 

nanaとは…

ボイス、楽曲など、音を掲載することに特化したアプリです。

スマートフォンを使って簡単に録音・投稿ができ、国内のみならず、国外も含めた様々なユーザーと、音を元にした交流をすることができます。

私は基本的に歌を投稿していますが、ギター演奏、ピアノ演奏、コンピュータでの打ち込み音源、セリフ投稿などなど、使い方は多岐に渡ります。

 

 

nanaの利点

投稿が超簡単

スマートフォンのマイクで簡単に録音することができます。

マイページから「録音」を選択し、ちょちょっと歌うだけ。動画の編集などは必要ありません。エフェクト機能もバリエーション豊かなので、Mixを行わなくても簡単にプロ並みの効果が使えちゃいます。自分のCDを作った気分。

長さは最大1分半と短めですが、簡単に投稿できる長さを考えればちょうどいいくらいだと思います。

 

他のユーザーとコラボができる

他のユーザーがアップした音源に、簡単に自分の音を重ねることができます。

例えば。Aさんがギター伴奏を投稿しました。それを見たBさんがコーラスを重ねます。そしてさらにCさんがボーカルを被せる。これで一曲完成してしまうわけです。これをnanaでは『コラボ』と呼んでいます。

AさんBさんCさんには面識がなくてもOK。気になった音源には気軽にコラボができちゃう。わざわざ自分で伴奏を作って、コーラスを撮って…なんて0から始めなくても、それが得意な人とコラボしちゃえばいいのです。なんと効率的でWinWinなのか!

 

コミュニティで交流できる

コミュニティを作成し、同じアーティストやアニメなどが好きな人同士で集まり、チャット形式で会話することが可能です。

コミュニティ内に投稿した音源を紹介することもできるので、さらに交流も深まります。使い方次第では歌い手の合唱のように、みんなで一つの曲をわいわい作り上げたりなんてこともできちゃうのです。

 

プレイリスト登録でお気に入り楽曲をまとめられる

プレイリスト内に気に入った投稿を入れれば、一気に管理することができます。

自分の投稿をまとめてみるもよし、贔屓の方の楽曲をまとめてみるもよし。

聴くときも、もちろんそのプレイリスト内を一気に再生することができるので、いちいち曲を選ぶ手間はかかりません。

 

他のSNSに投稿して共有できる

他のSNSにリンクを投稿することで、nanaに登録していないユーザーもWeb上で音源を聴くことが可能です。

私もよくTwitterに投稿して、フォロワーさんに「聴いたよ!」と反応をいただけたりします。本当に嬉しい限りです。

 

 

いかがでしたでしょうか。

歌だけでなく、セリフや効果音などを投稿しているユニークな方々もいらっしゃいます。

みなさんもぜひ、nanaで新しい交流を始めてみてはいかがでしょうか!!

 

そして、ご登録の際はぜひ、みなさんの音を聴かせてください!

nana-music.com

 

 

普段は大抵Twitterにおります。

twitter.com

 

↓よろしければ読者登録していただけると泣いて喜びます!

【漫画】『僕のヒーローアカデミア』描かれるのは正義だけじゃない

どうも!『僕のヒーローアカデミア』ではオーバーホールが一番好き!コスプレイヤーの綴喜明日香です!

 

今回はこの『僕のヒーローアカデミア』という漫画についてご紹介とレビューをしたいと思います。

 

 

 

はじめに

レビューとして点数化していきます。

評価基準は下記とします。

  • おもしろさ
  • 難しさ
  • おすすめ度

星5つで評価します。星3つの場合は★★★☆☆と記載します。

 

 

評価

  • おもしろさ:★★★☆☆
  • 難しさ  :★☆☆☆☆
  • おすすめ度:★★★☆☆

週刊少年ジャンプで連載している作品なので、子供から大人まで楽しめる、比較的易しいストーリー設定とキャラクターになっています。

ジャンプらしい主人公の成長物なので、王道的な面白さがありますし、独特の世界観ながら現代世界とそこまでかけ離れていないので、自己投影しながらのめりこめます。

 

読んでほしい人

  • 主人公の成長物語が好きな人
  • アメコミヒーローものが好きな人
  • TIGER&BUNNY』が好きな人

 

あらすじ

多くの人が『個性』と呼ばれる特殊能力を持つ世界。その個性を活かして人々を助ける『ヒーロー』という職業が確立し、多くの少年少女たちの憧れとなっていた。

主人公、緑谷出久(みどりや いずく)少年は、個性を持っていないながらヒーローに憧れ、ヒーロー養成のために設立された、雄英高校のヒーロー科の受験を目指していた。しかし『個性』がないために幼馴染にも夢を馬鹿にされる日々。

そんな少年がある事件をきっかけにNo.1ヒーロー、オールマイトに救われて…。

出久くんを中心にした、ヒーローを目指す少年少女たちの成長冒険漫画。

 

 

見どころ

出久くんの成長

主人公出久くんは、幼いころに個性が発動しないことを知り、一度は絶望します。しかし夢を諦めず、自分なりに現役ヒーローたちの研究をしてみたり、雄英高校へ進学するため勉強にいそしんだりする努力家です。そんな出久くんが、憧れのヒーロー、オールマイトに認められた瞬間から、さらなる努力と成長が始まります。

ジャンプの王道、主人公の成長ものが好きな方には、読み応えがあり、感情が高まる部分だと思います。私自身も出久くんの頑張る姿、成長していく姿が大好きです。

 

『個性』の多様性

一言で『個性』と言っても、様々な能力があります。透明になれる人、頭が人外の人、重力を操れる人、炎を操れる人…。

その能力の見せ方もバラエティーに富んでいて、次は何が来るかとワクワクしながら見ることができます。さらに、個性と個性を合わせることで使い方が多岐にわたってくるので、展開が予測不可能!楽しいです。

 

敵の背景

ヒーローがいるからには敵(ヴィラン)がいます。

彼らはヒーローと戦いますが、最近の作品によくあるような「自分なりの正義があるからヒーローと敵対している」敵だけではありません。「気に食わないから」「何がヒーローだよ。偉ぶんな」「面白いから」といったような、人間だれしもが持っているような純粋な感情で動いていたりします。そういった単純なようで単純ではない彼らの存在や、彼らの戦う意味がとても興味深く、ヒーロー陣営と対比して描かれています。

 

 

オーバーホールについて語りたい(ネタバレ注意)

最初に主張したように、私自身はオーバーホール贔屓です!

ここからは蛇足となりますが、この場を借りてオーバーホールというキャラクターを掘り下げます。

f:id:asukatuduki:20180515212200j:plain


 

オーバーホールとは…

死穢八斎會(しえはっさいかい)という極道の一派の若頭。本名は治崎廻(ちさき かい)。

手で触れたものを分解・修理する個性を持ち、分解したものを再構築し直すことも可能です。極度の潔癖症で、他人に触れられると蕁麻疹が出ます。常にペストマスクをつけているのが特徴で、他人を駒としか考えていない節があります。

 

彼の過去

己の個性を「病気」と捉え、毛嫌いしていた彼。死穢八斎會の組長に拾われた恩義に報いようと考えます。しかし、時勢はヒーロー一色。昔気質のヤクザ者の居場所は既にありませんでした。そんな状況を変え、『極道が再び過去の威光を取り戻すこと』こそが組長への恩返しになると信じ、そのために必死に努力し、メキメキと頭角を表わします。その結果手段を択ばなくなってきたため、組長自身ともぶつかることになるのですが、彼の信念は揺らぎませんでした。組長が体調を崩し、意識不明となったとき、彼はいよいよ目的のために本腰を入れて動き出します。

 

彼が孕んだ矛盾

組長への恩義を感じ、報いること。それ自体は昔からある極道の生き方そのものですが、彼は極道にある「義理人情」というものを理解しきれませんでした。人間として必要な部分が育たないまま自分なりの目的を持ち、大人になってしまったのです。だからこそ彼は報いるべき組長と敵対してしまったし、極道の再建を目指しているにもかかわらず、自身が最も極道から逸れてしまったのです。

 

戦いの末

死柄木弔(しがらき とむら)率いるヴィラン連合と一時的に手を組み、計画を遂行しようとするオーバーホールでしたが、ヴィラン連合の裏切りやヒーロー、ヒーロー候補生の出久くんたちの活躍により、最終的には敗北し、お縄となります。

収容のため連行される途中、死柄木が現れ、彼の手首から先を切り落とします…。

これによって彼は手だけでなく『個性』を失ってしまうのです。

組長への恩義も返せず、組は解体され、さらに個性まで失う…。

彼の絶望を考えるだけで涙が出てきます…。

 

 

まとめ

僕のヒーローアカデミア』はいいぞ。

オーバーホールは、いいぞ!!

 

単に好きなものを語りたいだけになってしまいましたが、ぜひとも読んでほしいです…。

アニメもありますので、サクサクっと楽しみたい方はアニメもぜひ!

 

 

普段は大抵Twitterにおります。

twitter.com

 

↓よろしければ読者登録していただけると泣いて喜びます!